Home > 商品紹介 > 中村好文 > プロフィール

中村好文

  • プロフィール・年譜

プロフィール

中村好文

建築家、そして家具デザイナーとしても活躍中。
設計事務所「レミングハウス」を主宰し、「ジーンズのような流行に左右されない、普段着の定番みたいな住宅や家具が理想」といった居心地のいい住まいを提唱。

1993年「一連の住宅作品」で第18回吉田五十八賞特別賞を受賞。また『普段着の住宅術』、『意中の建築(上・下巻)』(新潮社)など、数多くの著書もあり、幅広く活動されています。

年譜

1948年 千葉県生まれ
1972年 武蔵野美術大学建築学科卒業。
宍道建築設計事務所勤務の後、都立品川職業訓練校木工科で学ぶ。
1976年~1980年 吉村順三設計事務所に勤務。
1981年 レミングハウスを設立。
1987年 「三谷さんの家」で第1回吉岡賞受賞。
1993年 「一連の住宅作品」で第18回吉田五十八賞特別賞を受賞。
  現在、日本大学生産工学部住居空間デザインコース教授。
著作は『住宅巡礼』(新潮社)『普段着の住宅術』(王国社)、柏木博氏との共著に『普請の顛末』(岩波書店)他がある。
このページの先頭へ